眠れぬ夜のひとりごと。

タイトル通り、眠れない夜の暇潰しにやってます。半分寝てて誤字多いです。

30代後半スキンケアの話。

ついこの間、ついに30代後半に突入した。 お肌の曲がり角などといわれる年からさらに10年経ったというグロすぎる真実を突きつけられたわけだが、今は何と表現するか… お肌の大混乱 のようなことになっている。 嫌すぎるおでこのベタつき 若い頃は乾燥肌気味…

鳴くよウグイス選挙戦。

以前、中学から大学まで放送コンテストに出ていたときの思い出を書いたことがある。久しぶりに思い出系の話。でもこれ難しいな、書いていいこと悪いことの判断がなぁ… 選挙のウグイス嬢だった私 私は選挙カーに乗って手を振って、 マイクを持って喋る…そう、…

ユニバーサルスタジオジャパンの話

Twitterを見ていて色々感じたので書いてみる。 年パス持ちでも入れない 新型コロナウィルスの流行、そして緊急事態宣言の発令で、つい先日まで、パーク内にいる人数の制限が5,000人だった。それが1万人に緩和され、今度は3万人になるようだ。 そして、毎年最…

また変な受講方法にするかも?な話。

またまたこどもちゃれんじの話(笑) 幼稚園年少の下の子は、今は学年相当のこどもちゃれんじほっぷを受講中。つい先日届いた10月、11月号には、年中向け講座すてっぷで使う『ひらがななぞりん』のカバーの色を決めて早期登録を促す案内が入っていた。 ちな…

こどもちゃれんじほっぷの話。

以前にも書いたこどもちゃれんじの話。色々わけがわからなかったり、下の子は少し変わった受講方法にしたり…そんなことを書いたと思う。 我が家は『ほっぷ』初受講 以前書いたように、上の子のときは何もわからず先取り受講をしたせいで、そのまま取り続ける…

コロナ禍の運動会の話。

激鬱運動会の季節到来。 何度もこのブログにも書いてきたように、私は自分が子供のころも、親になってからも、運動会を好きだとか楽しいとか思ったことはただの一度もない。 運動会の嫌なところを挙げるとキリがないし、2019年のブログに挙げてある。しかし……

愛の不時着展(2)

ついに行ってきた! 愛の不時着展 大阪会場初日に張り切って行ったものの、人が多く…2週間空けてようやく行ってきた!同じく愛の不時着を見ていた同い年の友人と。 まあまあな人出だったけれど、友人と合流し、整理券を貰う。整理券はレシートのような紙で…

愛の不時着展(1)

Netflix独占配信の大人気韓国ドラマ 愛の不時着 もう何回見たんだろう?というくらいドはまりしてしまった。しかし、だんだん自分の好きな回とかシーンばかり見るようになって、そろそろ第1話から復習しないと。 愛の不時着展?! (人がいないときにiPhone…

今年の夏の化粧品の話。

最近少し化粧品を変えたり買ったりしたので、なんとなくまとめてみた。感染症予防でマスクを使うのがほぼ当たり前になったまま迎えた真夏…化粧品も色々工夫して使わないとね。 相変わらず普段はスッピン生活で引きこもりだけど、プレ幼稚園やスイミングスク…

激戦のファミリアマスクに当選した話

新型コロナウィルスの影響で、使い捨てマスクの流通が減ったり値段が上がり、布製マスクの需要が高まってきたころ、子供服ブランドのミキハウスやファミリア、ナルミヤ、赤ちゃんの城などがオリジナルの布マスクを発売した。 ミキハウスのマスク発売はテレビ…

姉妹の新年度、始まる。

長女は小学校入学 つい先日幼稚園を卒園した長女は、もうあっという間に小学校に入学。入学説明会も制服、体操着や給食着の採寸会にも行かず、超絶ぎりぎりで指定の口座開設して書類を持って行き、制服屋さんで帽子や服類を注文してあったのを取りに行ったの…

幼稚園卒園式の話。

4年保育で幼稚園に通った長女。 先日、卒園の日を迎えた。 卒園前のことや、 卒園式の日のことを記録しておきたいと思う。 卒園式、中止の危機。 新型コロナウィルス…正直に言って、ここまでのことになるとは思っていなかった。まず、2月末のお別れ遠足の…

【追記】こどもちゃれんじの話。

そろそろ退会の連絡をしないとなーと思いつつ、長女は年長児向けの『こどもちゃれんじ じゃんぷ』、次女は本来のぷちより一学年下の『こどもちゃれんじbaby』を受講しているので、退会前にまとめてみたいと思う。 出産と同時に皆ベネッセと出会う たまごくら…

familiarイベント予約争奪戦の話。

最近は何でも【ネット予約】の時代。 交通関係もそうだし、この前友達と食べに行ったホテルのランチバイキングもクーポンサイトで予約したし、免許更新のときの美容室と証明写真もネット予約、子供を連れて行く耳鼻科もネット予約…予約ではないけど、買い物…

【幼稚園】気が変わりかけている話。

長女は幼稚園年長、先日、展覧会が終わり、残すところ大きな行事は、学芸会と卒園式くらいになった。ここまでの四年間、長かった。 ↑七五三前撮りのついでに撮った、長女入園記念写真。このとき3歳2ヶ月。袖から手が出ていなかったブレザーは今や手首まで…

真っ赤に燃えたCドライブの話。

今日はパソコンからの更新。 いつもは無駄に長いド長文を、布団に寝転がりながら、というか寝落ちを繰り返しながらiPhoneで書いている。最近はめっきりパソコンを使う機会が減り、普段は物置部屋に置いてある。このパソコンでは「あいふぉーん」と打ってもiP…

有効期限1日前、何とか免許更新した話。

運転免許証の更新手続きに、 更新期限1日前に行ってきた。 前日も当日も、死ぬほどバタバタした。 五年に一度とオリンピックよりもレアなので、次の自分への記録として…嘘です暇潰しとして、つらつら書いてみようと思う。 ギリギリにならないと動かない 私…

見たら激レア?私と化粧の話。

私は普段の生活で、ほとんど化粧をしない。 上の子の幼稚園行事ですら、スッピンにマスクで行ってしまうレベル。先日の幼稚園行事に(免許証の写真を撮るときのリハーサルを兼ねて)化粧をして行ったら、私がバッチリ化粧をしていることを数人に驚かれたくら…

コンタクトレンズを買った話。

運転免許の更新期限が近づいてきたが、なかなか激重の腰が上げられず、気持ちだけが焦っていた。タイミングというのはふとした瞬間に訪れるもので、たまたま『夫がコンタクトを買っているお店(+眼科)の並びにあるドラッグストアに用事があり、こんな近く…

【幼稚園】鬼に大爆笑されそうな話。

我が家の次女は、今1歳8ヶ月。 幼稚園入園など遥か遠い未来のことに思えるが、来年度2歳児となり、来年の秋には幼稚園入園の願書提出をしなければならない。まだまだどう見ても赤ちゃんで、この子が1年後に幼稚園の申し込みをするの???と母親の私がい…

幼稚園の運動会が鬼な話。

終わった…! 正直、我が子の競技・演技より、運動会が終わったことにいちばん感動している。幼稚園の運動会、一言で言えば鬼だった。ただ、いつものことながら最悪の最悪のそのまた最悪を想定して臨む私、大抵はそこまで最悪なことは起こらないので、意外と…

私を寝込ませる運動会の話。

ついに今週末、 私の大嫌いな、大の苦手な… 子供時代も親になってからも嫌で堪らない 運動会 がある。もうそれだけで憂鬱… まず、場所取りのために深夜から並ぶ。去年までは、自分の子供の出番が終わったらさっさと帰ることができたので昼前には帰宅できたが…

運転免許更新の話。

ついに届いてしまった。 運転免許更新のハガキ そうか、まだ1歳くらいだった上の娘を連れて講習を受けに行って、もう5年も経つのか。更新…めんどくさい。 30万円で買った身分証 私が運転免許をとったのは、大学1年生のとき。実家から自転車ですぐのところ…

放送コンテストの話 大学編

さて、高校を卒業した私は、イタリア旅行が授業ですみたいな神戸の女子大生となった。これは、イタリア旅行の話にも書いたと思うが、放送サークルがないところをまたも選んだ(笑) しかし、大学というのは、他大学のサークルに入ることもできるため、進学先…

放送コンテストの話 高校編

さて、高校編。 高校編は書くのが何だか大変で、そして照れ臭くて、当時を思い出して胸が痛くなった。マグレで中学の大会で表彰されてきた私、さあ、高校ではどうなったのか? 高校は…二年生から 私は高校生になった。 が、前にも書いた通り、私が思い描いて…

放送コンテストの話 中学編

放送部にも、熱い暑い大会があるのをご存知だろうか? 今日は、イタリア研修よりまだ昔、そして超長編の放送コンテストの思い出を書きたくなった。まず、放送部の大会とは、何をするのか?何を競うのか? 大抵の人は知らないので よく聞かれる(笑) 私も、…

サンカククリップの話。

私が毎日のように使っているサンカククリップ。一時期、ものすごい大ブームになったsAnのヘアアクセサリーだ。本当に入手困難で、百貨店などでのポップアップショップには早朝から長蛇の列ができ、整理券制だったり、抽選販売になることもあった。 (この定…

マタニティライフの話 二人目編

マタニティーライフ、下の子編。 まだ二年も経っていないので、記憶に新しく、上の子のときにはなかった経験も多いので、こちらのほうが長くなってしまった(笑) 私は、四学年差のきょうだいを希望していた。4歳になっていれば、着替えや排泄、食事もある…

マタニティライフの話 初産編

帝王切開の話を書いたので、 何となく二度の妊娠について書いてみる。 赤裸々に(笑) いきなり重たいが、『二度の』と書いたけれど、私は正確には三回妊娠した。次女妊娠前のことで、稽留流産となった。今回は触れないが、一生忘れないし、今もその子に会え…

帝王切開って◯◯でしょ?の話

私は、二人の子供を帝王切開で出産した。 『帝王切開だって立派なお産なのにラクに産んだ扱いをされる!自然分娩より劣っているかのような言い方をされる!』 こんな話をよく見かける。 勿論、私も少しは言われたことがあるが、 正直あまり気にならない。 相…